長屋の子育て日記

根津の長屋の子育ての日々について写真と文で綴る
CALENDAR
S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
<< 旅立ち | main | 節分の宴 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | スポンサードリンク |
師弟


弱さについて考える。

無知、未熟、
新参者の負い目、
祖先への祈り、
神への畏怖、
私たちを駆り立てるのはこれら、
絶対的な「弱さ」の認知である。
師と弟、
古参者と新参者、
祖先と子孫、
神と人、
これら抗いようのない絶対的格差が、
私たちの成長と成熟を保障している。

師弟とは互いの
成熟度の優劣により仮構された
運命共同体である。
弟は師に、
後生は先生に自らの劣位性を仮託することで
無知と蒙昧による成長の機会を保障されている。
翻って師は弟に、
先生は後生に自らの優位性を仮託することで
矛盾と葛藤による新たな成熟の機会を保障される。
仮構された絶対的格差による
成熟の社会システムである。

学ぶことは、伝えることは
この社会文化的仕組みを活かすことである。
弱さゆえの強さ、
未熟ゆえの成熟、
思い上がれば未来のない所以である。
さあて僕らの子育てはどうか。


| 雑感 | 22:02 | comments(0) | trackbacks(0) | けいじ |
スポンサーサイト
| - | 22:02 | - | - | スポンサードリンク |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://kosodate-note.jugem.jp/trackback/113
トラックバック
SEARCH
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
PROFILE
OTHER