長屋の子育て日記

根津の長屋の子育ての日々について写真と文で綴る
CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
<< 語り継がせるもの | main | 公共の時間 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | スポンサードリンク |
悼み


二人の豚児を田舎に預ける。

ある朝ふと気づいたその空隙に
子を亡くした日のことを思う。
小さな膨らみを失った布団に、
遊び騒ぐ黄色い声を亡くした井戸端に
駆け付いてくる足音の消えた路地裏に、
急かし立てる苛立ちのない静けさに
追い立てる慌しさのない落ち着きに、
振り返る視線の行き場のない空しさに
咲き誇る菜の花の容赦ない鮮やかさに、
その度に思い起こされるのだろう。

すべての別離を遡る始原の別離
すべての哀しみを超える永遠の哀しみ、
元には戻れないあたたかく切ない記憶
償いきれないまばゆく重たい記憶、
引き裂かれた二つが一つに戻ろうとし続けること
伸ばしても届かない手をなお伸ばし続けること、
それを悼みと呼ぶのであれば悼み続ける以外に
残された僕らの仕事はないのかもしれない。

翻って亡き祖父母のことを思う。
悼み暮らした日々、懐かしみ、
その存外の近さに驚く。


| 今日の出来事 | 23:13 | comments(0) | trackbacks(0) | けいじ |
スポンサーサイト
| - | 23:13 | - | - | スポンサードリンク |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://kosodate-note.jugem.jp/trackback/121
トラックバック
SEARCH
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
PROFILE
OTHER