長屋の子育て日記

根津の長屋の子育ての日々について写真と文で綴る
CALENDAR
S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
<< 子豚を野に放て | main | 東京で見る雪 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | スポンサードリンク |
もうひとつの故郷


息子たちを連れ、成田で有機農業を営む友人を訪れる。
3年ぶりに会ったその背中の変わらない大きさに安心する。

同じくこの地で農を営む若人たちからもたくさん話を聞く。
空港ができるよりずっと以前からこの土を耕し続けてきたひとりの男は、
200年先を考えながら、ただ毎日かあちゃんと一緒に畑で唄をうたいつづける。
亡くした多くのものを想いながら今日も黙々と土に向かい続ける人々。
日々亡くしていくものの価値に気づかないまま、黙々と未来を切り崩し続ける私たち。
そんな私たちが作り出したこの巨大な町が、田舎から人もモノもカネも、
さらには情報さえも奪い去ろうとしている。
都市と田舎を太いパイプでつなぎ、すべてが再び田舎へ循環する仕組みをつくる。
都会のどまんなかに誰もが参加できる「もうひとつの故郷」を創出する。

7代先の子どもたちへ受け渡す新しい国づくりが始まる。
| 今日の出来事 | 21:17 | comments(2) | trackbacks(0) | けいじ |
スポンサーサイト
| - | 21:17 | - | - | スポンサードリンク |
コメント
はじめまして。はぜと申します。
根津に在住しています。
谷根千ウロウロのくろねこをみて、こちらにお邪魔しました。
友人も、成田で有機農業に関わっているので、「あっ」と思いました。成田のサイトをみたら、やはりというか、世間は狭いというか、友人の知人の名前が出ていました。
おもわず、コメントしてしまいました。
| はぜ | 2009/02/10 11:35 AM |
ご近所のはぜさん、コメントありがとうございます。

成田で今日も土に向かう友人たちのおかげで、
こうして田舎の空気や土の匂いを身近に感じることができます。
土を離れては生き続けられない僕らは、いわば彼らに生かされている存在です。
いつかそんな彼らに恩返しをしたい。
都会に暮らす矛盾を反芻しながら、いつもそんなことを考えています。

お暇のときは藍染町の長屋に遊びにおいでください。
| けいじ | 2009/02/10 5:55 PM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://kosodate-note.jugem.jp/trackback/58
トラックバック
SEARCH
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
PROFILE
OTHER